不動産の一括査定サイトでマンションや一戸建てなど住宅を売却する方法のメリットとデメリット

不動産の一括査定サイトでマンションや一戸建てなど住宅を売却する方法のメリットとデメリット

インターネットがなかった時代は、地元の不動産会社に足を運んで不動産を売却するという方法しかありませんでした。

しかし、現在ではインターネットを使って日本全国の中から自分に合う不動産会社を選び、マンションや一戸建ての売却ができます。

不動産を売却するに当たり、不動産の一括査定サイトの利用が非常に便利です。

自分の大事なマンションや一戸建てを売る際に、次の疑問を抱えている方はいませんか?

  • 自分が持っている物件はどのくらいで売れるのだろうか?
  • どこに依頼すれば高い査定が期待できるのだろうか?

そのような時に役立つのが不動産の一括査定サイトで、複数社の査定結果で比較や検討ができます。

以下では不動産の一括査定サイトを利用するメリットを説明していますので、不動産の売却を考えている方は一度目を通しておきましょう。

オンライン上で依頼できるのでわざわざ不動産会社に出向かなくても良い

サイト

初めて不動産を売却する方のために、まずは不動産一括査定サイトの仕組みを簡単にまとめてみました。

  1. 不動産会社は登録料を支払って一括査定サイトに登録する
  2. 家を売りたい人はサイトにアクセスして不動産の物件情報を入力する
  3. 査定の依頼を出すと複数の不動産会社がピックアップされる
  4. ユーザーが自分の希望に合う不動産会社を選んで査定をお願いする
  5. 後日査定結果が伝えられる

つまり、パソコンやスマホなどオンライン上で依頼できますので、わざわざ不動産会社に出向かなくて良いのが不動産一括査定サイトのメリットですね。

全国には10万以上の不動産会社がありますが、1つ1つの対象エリアは限られています。

自分が売却したい物件を取り扱ってくれる会社を探すに当たって、手間と時間がかかるのは何となくお分かり頂けるでしょう。

複数社になればその負担は比例して大きくなりますので、オンライン上で手軽に依頼できる不動産一括査定サイトが便利です。

売却予定の物件によっては、不動産会社に問い合わせても受け付けてくれない可能性があります。

「せっかく探して足を運んだのに・・・」といった失敗を防ぐためにも、インターネットで1回入力するだけで良い一括査定サイトを有効活用してみてください。

物件の査定価格を複数社で比較して相場を把握できる

「自分の不動産は一体いくらで売れるのか?」といった情報を知りたい時も、不動産の一括査定サイトは大いに役立ちます。

素人では、マンションや一戸建てがどのくらいの値段で売却できるのか判断できません。

不動産会社に査定を依頼するのが一般的ですが、各社は次のように様々な根拠で価格を掲示してきます。

  • 3ヵ月以内に売却できると予想される真面目な適正価格
  • 得意エリアで必ず売って見せるという強気の価格

1社だけでは正確に判断するのが難しいため、物件の査定価格を複数社で比較して相場を把握できる一括査定サイトが役立つのです。

不動産一括査定サイトによって異なりますが、大体3社から10社くらいの不動産会社に一括で査定をお願いできます。

たくさんの会社にお願いするほど、平均を取って相場が分かりやすくなるわけです。

不動産を早く売却するには市場に合う価格で売り出すのがポイントですので、適正価格を把握する目的で不動産一括査定サイトを利用しましょう。

自分の売却予定の土地に強い不動産会社が見つかりやすい

自分の売却予定の土地に強い不動産会社が見つかりやすいのは、不動産一括査定サイトを利用する大きなメリットです。

「どの不動産会社に依頼しても基本的には一緒でしょ?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、仲介を依頼する不動産会社によってこのような違いがあります。

  • マンションの売却は得意だけど土地は苦手
  • ○○地区は得意だけど△△地区は不得意
  • 新築ではなく中古マンションを中心に取り扱っている

自分の売却予定の物件や土地を得意とする会社に依頼すれば、より高い売却額が期待できるでしょう。

不得意の分野なのにも関わらず、「すぐに売れます」と調子の良いことばかり言ってくる不動産会社はありますので、比較や検討は皆さんが考えている以上に大事です。

優秀な営業マンが見つかりやすい

物件を少しでも高く、そして少しでも早く売却するためには、優秀な不動産のプロをパートナーにしないといけません。

お客様の物件を売り出す広告手法は会社や営業マンで大きな違いがありますので、優秀な人と出会えるのかどうかがポイントです。

1社だけでは上手く判断できませんが、不動産の一括査定サイトを利用すれば複数社を比較できるため、必然的に優秀な営業マンが見つかりやすくなります。

  • 優秀な営業マンをパートナーにする
  • お客様の物件の魅力を最大限に引き出せる
  • 高く早く売れる可能性が高くなる

上記のように不動産売却の成功失敗が左右されますので、信頼できる不動産会社と営業マンを探す目的で不動産の一括査定サイトを利用した方が良いでしょう。

不動産の買取の際に競争原理が生まれる

マンションや一軒家などの不動産を売却するに当たり、次の2種類の方法に大きく分けられます。

仲介:不動産会社に物件の売却を依頼し、広告や不動産流通ネットワークで購入希望者を探してくれる
買取:購入希望者を探すのではなく、不動産会社がお客様の物件を直接買い取ってくれる

不動産の買取を希望する場合、一括査定サイトを利用すると複数社の間で競争原理が生まれるのがメリットです。

不動産の一括査定サイトに依頼して買取を希望すると、不動産会社側も複数社を比較して選んでいることが分かります。

つまり、ライバルがいれば顧客を取られてしまう可能性が高いため、査定額や売却額がアップしやすいというわけです。

不動産の一括査定サイトの利用に向いている人の特徴

物件

以下では、不動産の一括査定サイトの利用に向いている人の特徴を幾つか挙げてみました。

  • 複数の不動産会社を比較して少しでも高く物件を売りたい
  • 信頼できる不動産会社の選び方で迷っている
  • 一度不動産会社に相談したが査定額が予想以上に低すぎた

どのサービスでも完全無料で依頼できますので、使わない手はありません。

そこで、不動産の一括査定サイトの選び方で迷っている方は、Speeeが運営しているイエウールに依頼してみましょう。

イエウールは日本最大級の不動産売却一括査定サイトで、魅力的なポイントをまとめてみました。

  • 全国1,400の不動産会社が過去の取引事例や近隣物件の販売状況をもとに査定額を算出してくれる
  • 査定会社は優良企業のみで、悪い業者に騙される心配は一切ない
  • 大手から中小企業まで、お客様の条件に合う不動産会社を最大6社まで比較できる
  • 都心部だけではなく田舎でも優良な不動産会社を見つけられる

提携している会社の数はトップクラスですので、イエウールを使って信頼できる不動産会社を探してみてください。

>> イエウールの詳細はこちら

不動産の一括査定サイトの利用で押さえておきたいデメリット

不動産の一括査定サイトを利用するメリットについてお分かり頂けましたか?

一括査定で公平に比較すれば、本当に自分に合う不動産会社を簡単に見つけることができますね。

しかし、不動産の一括査定サイトはメリットだけではなく、デメリットもありますので注意しないといけません。

サービスに登録して依頼する前に、不動産の一括査定サイトのデメリットをチェックしておきましょう。

自分が求める会社が登録しているとは限らない

不動産の仲介業を行うには、国土交通大臣や都道府県知事に許可を得た宅地建物取引業の免許が必要です。

国土交通大臣の許可なのか都道府県知事の許可なのかは、次の違いがあります。

  • 国土交通大臣免許は2県以上に営業所を構えることができる
  • 都道府県知事免許はその都道府県にしか営業所を構えることができない

不動産会社の約98%は1つの都道府県にしか営業所を持たない都道府県知事免許で、現実的に周辺のエリアが対象になります。

つまり、地方に住んでいる方の場合は、自分の求める会社が一括査定サイトに登録しているとは限りません。

自分の希望とマッチする不動産会社が必ず見つかるわけではないのが一括査定サイトのデメリットです。

どの会社の査定額が正しいのか正確に判断できない

不動産の一括査定サイトは複数社の査定額を比較して、「○○が良い」と検討できます。

しかし、査定額は各社バラバラに出てきますので、どの会社が正しいのか正確に判断できないのが厄介です。

実際に不動産の一括査定サイトを利用し、「どこを信じれば良いのか分からない」と迷っている方は少なくありません。

それに、不動産売却希望者に選ばれるために少々高めの査定額を掲示する傾向がありますので、以下のように比較する方法がおすすめです。

  1. 不動産一括査定サイトで複数社に依頼する
  2. 明らかに高い査定額や低い査定額の会社は除外する
  3. 信頼できそうな会社を2社~3社程度に絞る
  4. 訪問査定を依頼して正確な査定額を把握する

細かい点に気を配っていれば、悪徳業者に騙される心配はないでしょう。

営業電話がたくさんかかってくる

1社だけに依頼する方法と違い、不動産の一括査定サイトを利用すると営業電話がたくさんかかってくるというデメリットがあります。

不動産の売却で不動産会社と契約した際に、支払う仲介手数料は法律で上限が決められています。

  • 200万円以下は取引額×5%
  • 200万円超400万円以下は取引額×4%+2万円
  • 400万円超は取引額×3%+6万円

つまり、不動産会社は契約を結ぶために、お客様に営業の電話をかけるわけです。

不動産の一括査定サイトで6社に依頼すると全てから電話がかかってきますので、対応が大変だと心得ておきましょう。

まとめ

以上のように、不動産の一括査定サイトのメリットとデメリットをまとめてみました。

「希望の不動産会社が見つからないこともある」「営業電話の対応に追われる」といったデメリットはありますが、それを補うメリットがあるのは事実です。

最も条件の合う不動産会社を簡単に探すことができますので、不動産の一括査定サイトを有効活用してみてください。