ピアノ処分費用が不用品回収業者は高い!ピアノの買取サービスで査定相場を調べて売る方法

ピアノ処分費用が不用品回収業者は高い!ピアノの買取サービスで査定相場を調べて売る方法

不要になったピアノは、場所を取るから処分したいんだけど、どう処分すればいいか分からない人も多いはず。実際にクリーンセンターや地域の粗大ゴミとしても取り扱いが難しいもので不用品回収の業者やメーカーに費用を支払ってまで処分を依頼して損をしている方がいます。

弾く機会がある間はいいけれど、弾かなくなったら途端に大荷物、それがピアノです。ピアノは大きく家のスペースを埋めてしまうため、家を急きょ引っ越ししなきゃいけない!という時は、間違いなく悩みどころになるでしょう。また、子どものために買ったはいいけど、子どもがピアノに飽きてしまい、今では物置になっている、なんて方もいるのではないでしょうか?

そんな思いをしたくない人にオススメなのが「ピアノ買取サービス」です!

普通に処分してしまうよりお金になった方がいいですし、下取りだと結局他のピアノを買わないといけないので本末転倒。このページでは、ピアノを売りたい方へ向けて買取サービスにおける、買取に必要な知識やおすすめの査定サイトについてまとめていますので参考にどうぞ。

不要になったピアノを処分する方法は大きく分けて2つ

まず1つ目ですが、不用品回収の業者に依頼をする方法です。不用品回収の業者は、基本的に大抵のものは回収してくれます。例えば不要な物を処分するとなると粗大ゴミという選択肢も浮上しますが、実際それで処分をしている方々も多数見られます。

ところがピアノは別で、粗大ゴミの対象外になる事がしばしばあるのです。

例えばある東京地域の自治体では、ピアノは粗大ゴミの対象外と見なされています。処分が著しく困難だと考えられているからです。ですが不用品の回収の業者の場合は、たとえピアノでも問題はありません。

不用品回収の業者も悪くはないのですが、費用がかかってしまうデメリットがあります。業者によっても引き取り料金などは異なりますが、基本的には1万円前後はかかります。ピアノを運び出す状況などによっては、もう少し多くの費用がかかってしまう事もあるのです。

お金をかけたくないなら別の業者に依頼をするという選択肢が浮上します。その1つが買取です。

買取の場合は不用品回収と違って、基本的に費用を支払うような事はありません。むしろピアノの処分を依頼している売り手の方が、お金を受け取る事になります。買取業者を利用することで受け取ったお金を、引越し費用に充当しているパターンもあるぐらいです。

お金を節約したいというのは多くの方々が共通して感じている事の1つですが、費用の節約という意味では買取業者の方が良いです。なおピアノを回収してもらう方法は、基本的には出張スタイルになります。買取業者が依頼主の自宅に来て、ピアノの引き取ります。

ピアノ買取の基本

ピアノ買取の基本

ピアノの買取業者は様々ありますが、個人的に売るならインターネットを介したピアノの買取がオススメです。実は、特にピアノを送らずともピアノの無料査定は行えます。

ピアノを送る代わりに、ピアノの情報を教えることによって、ピアノ買取業者さんが査定額を出してくれるのです。電話などでいちいち1つ1つの業者さんに電話するのもアリですが、ここはインターネットならではのピアノを売る方法、「一括査定」を使いたいところ。

インターネットでの一括査定を使えば、ピアノの査定に必要な情報を入力するだけで、様々なピアノ業者さんの査定額が出てきますので後は、一番条件が良い業者さんに買取を頼むだけ!かなりお手軽、しかもお得にピアノの買取を行えます。

ピアノ買取の簡単な流れについて

ピアノ買取は、基本的には以下のような流れで行われます。

  1. ピアノの情報(メーカー・製造番号など)を入力し、買取業者に査定してもらう
  2. 査定の結果が届いたら、その金額で受けるかどうかを決めて、業者へ連絡
  3. 買取業者に頼まれた運送業者がやってくるので、ピアノを渡す
  4. メンテナンスなどの状態により、マイナス査定が付き、本格的な買取金額が固まる
  5. お金を受け取る

と言った感じの流れを辿ります。

前述した通り、インターネットでの査定時には現物を見ていないため、実際に渡したところ「マイナス査定」が付くことがあります。というより、マイナス査定が付く可能性の方が、はっきり言って高いです。

また、ピアノは大きなものですので家から出すだけでも一苦労。業者への売却を決める際には、どうやって家から出すかも考えるのが重要です。

買取査定などが簡単に行える上、運送業者も我が家まで来てくれる「ピアノ買取サービス」。部屋のスペースも増えてスッキリするのでピアノを使う予定が無い方は、利用してみてもいいでしょう!

無料で一括査定が申し込める「引越し侍・ピアノ買取」

自分自身で買取業者に連絡を取り査定依頼をお願いしていくのは時間と手間がかかりますので大変と思いますが、引越し侍のピアノ買取なら項目を入力して進めて行くだけでお住まいの地域から条件に合った複数のピアノ買取業者に査定してもらうことが出来るので依頼も簡単。処分までのやり取りの無駄な時間が省けます。

また査定額を比較することが出来るので買取額の高い業者に依頼することによってお得に買い取ってもらうことが可能なのでピアノを処分しようと考えていた方にも買取サービスはおすすめです。売ったお金を別の費用にあてれるのでお金の節約にもなります。


引越し侍・ピアノ買取一括査定サイト

ピアノの買取手順と注意点

手放すピアノ

決して安い買い物ではなかったはずのピアノ。なくなく手放すことになり、処分に迷っている方もいるかと思います。

ピアノの買取を行う業者は、多数存在していますので手順をよく踏まえて、お得に、そして後悔がないように買い取って貰いましょう。

まず、見積もりを依頼する前に確認しておきたいのが、手放すピアノが買取可能かどうか、また、買取基準を満たしているかどうか確かめておきましょう。

一般的に買い手がつき易いのは、ヤマハ、河合などの有名メーカーのピアノや、使用年数、使用頻度が少なく、劣化が進んでいないピアノほど、高く売れる傾向にあります。

本体の劣化が激しい場合、業者がメンテナンスをしても、買い手が付きそうにないと判断されれば、かなり低い価格になることも考えられます。見積もりの依頼を受けた業者は、伝えられたピアノの情報を元に査定を行います。

パッと見て程度がよく買取の目処がつくようであれば、メーカー、機種、そして製造番号、ペダルの数や色などを把握しましょう。これらの個体情報は、見積もりを行う際に必要ですし、買取価格を左右させる重要な項目です。

他にも保証書、説明書や付属品なども、あれば用意しておきましょう。高値で買い取って貰い易くなります。わざわざ調律や修理をする必要はありませんが、掃除はしておきましょう。

ここまで準備が出来ましたら、実際に業者へ見積もりの依頼です。各業者によって買取価格がかなり変動するので同時に複数業者に見積もり依頼をすることをお勧めします。

通常、ピアノの運搬費などの諸経費は、査定額から差し引かれるものですが、各業者のHPに記載がなければ、査定依頼時に確認しておくのも良いでしょう

査定結果は、後日に折り返しの電話やメールなどで提示されますが一括査定のように複数業者に依頼した場合、返答に時間差が生じますので即決せずにじっくり待ちましょう。

査定価格に納得がいけば、ピアノを引き取りに来てもらう日取りを決めます。日時指定が出来ますから、業者と相談して決めましょう。また、これはピアノ以外の買取にも言えることですが、必ず契約書が必要になります。

契約書は、査定額に合意した後、数日以内に業者から郵送されますので氏名、住所、代金の振り込み口座などの記入をします。更に、免許証のコピーなどの本人確認書類を添付し、署名と捺印をします。記入漏れなどの不備がなければ、業者へ返送しましょう。

ピアノの引取予定日には、運送業者が自宅を訪れ、梱包した後に運搬していきます。2階などにピアノが設置されている場合は、クレーン車などを利用し、運び出します。運送料や運搬費を別途徴収されることはありませんから、心配いりません。

数日後、ピアノが業者の元へ到着し、動作確認などのチェックが終われば、契約書に記入した口座へ、買取代金が振り込まれます。

以上が、ピアノの買取手順と注意点です。

買取業者は、売り手と買い手を繋ぐ、仲介業者だと考えれば良いです。ピアノのような大型楽器は、自分で処分すれば費用が掛かりますが、買取業者に頼めば費用が掛からず、更に売ることが出来るのです。

また、高値で買い取って貰うには、少し手間と時間を掛けることが大事ですが、有益な買取が出来れば、のちのち後悔することもないでしょう。

ピアノを一括査定に出すといろいろなメリットがある

ピアノ買取業者ではホームページを開設しているところが多く、ご自宅に居ながらオンライン査定に申し込みすることができるのは大きな魅力です。

査定額に納得し、契約が済んだら配送スタッフが指定に日時にご自宅にお伺いして売りたいピアノを運んでくれます。ご自身で梱包したり運び出す手間が無いので、重くて持ち運びできないと言う方でも安心です。

査定額に納得できないときはキャンセルできるので、納得価格で買取してくれるピアノ買取業者が見つかるまで査定を受けることも可能。ピアノ買取業者に売ったピアノは不用品としてバラバラに解体され処分されるのではなく、中古ピアノとしてリサイクルされ他の人に愛用して貰えます。

ピアノの相場を知ることができる

複数の業者に一括査定することになるのでおおよそのピアノの相場がわかります。ピアノの相場がわかれば、どれくらいまでだったら買取価格の値上げに応じてくれるとか、無駄な交渉をせずに交渉もスムーズに済みます。

1つの会社だけに査定をすることによって安い値段で不当に買い取らされるようなことがなくなる可能性が高くなり、一括査定で自身が持っているピアノの相場を知ることができれば、その後の交渉などがスムーズになります。

高く買い取ってくれる業者がわかる

複数の業者に買取査定を出すのでピアノを買い取ってくれる値段が違ってきます。中にはより大きな値段で買い取ってくれる業者を発見できる可能性が高いです。

業者によって自社にあるピアノの種類の在庫や取り扱っているものの種類によって値段に変化が起こったりしますので思ったよりもいい値段で買い取ってくれるようなこともあるのです。また、値段が他よりも大きな会社が出てくれば、交渉にも利用できるので交渉材料を増やすためにも一括査定は有効な方法です。

少しでも大きな値段で買い取ってもらうためには、複数の買取会社に見積もりを出してもらったほうがいいのです。

ピアノの買取をより良く進めるたいと思っているようなときには、ピアノの一括査定はおすすめです。

ピアノ買取業者に伝える5つの情報

チェックリスト

ピアノの買取査定時には、合計5つの情報が必要とされます。

  1. メーカー
  2. ピアノの種類(グランドピアノか、アップライトピアノか)
  3. ピアノのモデル名
  4. ピアノに書かれている製造番号
  5. ペダルの数

要するに、外見だけで分かるピアノの情報を渡せば、それぞれのピアノ買取業者が見積もってくれます。実際のピアノの状態などは、実際の引き取り時や引き取った後に査定され、問題があるようであれば「マイナス査定」されます。

ピアノのモデル名や製造番号って、どこに書いてあるの?ピアノのモデル名や製造番号ってどこにあったっけ?と思った方もいらっしゃるでしょう。

メーカーによっては違うこともありますが、製造番号等は基本的には、ピアノの内部に記されています。ピアノの上の板(屋根)を開けて、それらしい英数字が書かれていないか、確認してみましょう。

いかにも型番っぽい英数字を見つけたら、インターネットで検索してみるのをオススメします。そこで、売ろうとしているピアノと同じ商品を紹介しているページが出てきたら、それがピアノの型番、ということになります。

ヤマハ製のピアノの場合は、金属でできたフレーム部分やその周辺に書かれていることが多いです。

長く使っていないピアノに困っている方や、引っ越しの際にピアノを手放すことを考えている方は、是非申込みをしてみましょう。

業者選びはピアノの買取で重要なポイント

業者選び

今まで大切にしてきたピアノお別れするのは、寂しい気もしますが売るなら、やはり高値で売りたいですよね。

そこで重要なのが業者選びです。

良い業者もいるのですが、中には悪徳業者もいるので気を付け下さい。何も知らないと、それに漬け込んで安く見積もろうと思う業者や出張料だけでも取ろうという業者もいるので気を付けましょう。

悪徳業者に引っ掛からないために気を付けるには?

  1. 自分のピアノの売る相場を把握しといてください。
  2. 良いと思う業者がありましたら、評判や口コミを調べましょう。
  3. 1つの業者だけではなく、なるべく3社か4社は、見積書を出してもらいましょう。
  4. 出張料やピアノ引き取り料がかかるか、きちんと調べましょう。

まずこれらを調べてみて下さい。
調べ方は、インターネットで無料査定してもらえますので、ピアノのブランド・機種名・製造番号・ペダルの本数が分かっていれば、すぐに調査してくれます。

そして4ですが、出張もですがピアノ買取査定額に運搬費用が含まれている業者や運搬は、別に料金を取る業者がいるので電話などで確認しておくと良いと思います。

店舗を持つ業者と店舗を持たない業者の違い

ピアノの買取業者は2種類に分類されます。1つは買取専門の業者です。店舗を持たない会社で買取だけ行います。買い取ったピアノは工場はへ行き、主に海外へ向けて出荷されます。

もう1つは、店舗を持つ買取業者です。買取をしたピアノは工場へ行き、修理されたら海外へ出荷されます。それだけでなく、店舗でリサイクル品として売られます。そして音楽教室を営んでいる会社もあり、そこでピアノは活躍します。

倉庫だけのピアノ買取業者と、店舗を持つピアノ買取業者はどちらも変わりはありません。どちらも査定をして、ピアノを引き取りにやってきます。店舗があってもなくても、その会社によって抱えている在庫の種類は異なりますのでどちらがより高値でピアノを買い取ってくれるかは、比べてみるしか違いが分かりません。

また、どういった国に販売されるかで好まれるピアノの種類が違う可能性もあります。つまり、その会社によって好まれるピアノが違う可能性があるのです。そういった理由から、業者が店舗を展開しているかどうかは業者選びの基準にしない方がいいと言われています。

ただ、店舗を展開していると安心して買取をお願いできるという人もいます。店舗が近くにあれば、修理されて見事に甦った自分のピアノを見にいくのも楽しみです。音楽教室で利用されるのであれば生徒に囲まれているピアノを想像するだけでも幸せな気持ちになりますよね。

店舗があるという事は詐欺のサイトではないという可能性も高いです。ピアノ買取の詐欺とは、見積もりを高くして現地調査の後の最終的な査定額をぐんと低くする会社ですが、もしも店舗を構えているのであれば、そういった悪徳な会社はすぐにクレームがきて閉店に追い込まれます。

店舗があるから安心だと思えば、そこの業者に買取をお任せすればいいです。しかし、だからといって査定額が他社よりもぐんと上がる事はありません。お金だけを見るのであれば、倉庫だけの会社も店舗ありの会社を比べるしかないです。

業者によって対応は変わるもの!

年式や製造メーカー、保存状態によって大きく査定価格は異なりますが、業者やピアノの種類年数によって、売れたり売れなかったり、引き取って貰えないことがあります。

例えば30年前のピアノならアップライトピアノ・グランドピアノは売れますが、電子ピアノ・キーボード・エレクトーンなどは、売れない事がありますので気を付けて下さい。そしてピアノにも種類や状態によって値段が凄く変わってきます。

保存状態の良い物の方が、買取価格は高い傾向にあります。音色がいくら良くても、製造メーカーが有名なところであっても、見た目はとっても大切な査定ポイントの一つであることは、変わりありません。傷があったり故障していたり(音が出なかったり・音の調子が悪かったり)すると査定額0だったり逆に引き取り料がとられてしまったりします。

ただ業者さんに買い取ってもらう前に、自分で持っているピアノの相場を知っておかなければ、安く買い取られてしまう恐れがあります。そうならないように、しっかりと相場を調べておきましょう。

ピアノを高く売る方法と事前準備について

ピアノを高く売る方法

使用頻度が少なく、使用年数があまり経過していないピアノであれば、勿論、高値が期待出来ます。しかし、古く、使い込まれたピアノであっても査定のポイントを押さえておくだけで思わぬ高値になる場合もあります。

今まで自分が多く利用してきて愛着のあるピアノはできれば、少しでも高く買ってもらいたいものです。少しでも高く売るためにはどのような方法があるのか?

ここでは、できる限りピアノを高く買い取ってくれる方法を紹介します。

購入当初の付属品を揃える

本体だけでなく、購入当初に付いてきた、説明書、ピアノの椅子やトップカバーや鍵盤の上に載せる布など色々な付属品を揃えておいたほうがピアノを高く査定してもらえます。

付属品があるのとないのとでは、業者がピアノを売る際に色々と手間をかけなくてもいいので管理がしやすいからです。もちろん、必ずしも買取価格が上がるわけではないのですが、ピアノの付属品は値段が上がる可能性が充分あります。

ピアノ本体と同じく、付属品も出来る限り綺麗な状態にしておきましょう。また、買取業者へピアノの情報を送る際には、必ず備考欄等に付属品の詳細を記入しておきましょう。

基本的にピアノは綺麗にしておく

ピアノの高価買取をするための一番の基本は、ピアノの外観をきれいにすることです。車の査定などでも同じなのですが、外観が汚いよりも、きれいなほうが売りやすいですから査定でも高値で買ってもらえるようになりやすいです。

できるかぎり普段からピアノをきれいな状況に保っておいて、できる限り傷がないようにピアノを状況を維持しておくと高値での取引になりやすいです。

今から売りたいと思っているピアノが壊れていないのであれば、売りに出す前に綺麗にしておくといいです。見た目が良いぶん少し値段を上げてくれる業者もいるので1度綺麗にしてから業者にだすようにしましょう。

自分の大切にしてきたピアノです。最後に感謝の気持ちをこめ綺麗にして送り出してあげるのが1番です。

多くの買取業者に依頼を出す

ピアノの買取業者に複数の見積り依頼を出すことで比較するのがもっとも効率的です。理由としては、複数の業者に見積もりを出すことによって、どこがより大きな値段で買い取ってくれるのかというようなことがわかるからです。

買取業者によって得意なモデル、不得意なモデルがありますので3社から5社くらいのピアノ買取業者に査定を依頼し、比較すると高く売れやすいです。

他の会社との交渉材料にも利用ができますから、より大きな値段でピアノを買取してくれる可能性があるのです。インターネットでの一括査定も可能なので気軽にご利用してみるといいでしょう。

補足と注意点

ピアノの売却は、需要あっての物で既にお客さんからのリクエストがあり、売れると確定しているピアノには、やはり高値が付きます。また、各業者の在庫状況により、査定額も変化します。期待した査定額に達しない場合は、時期を変えて査定を行うのも有効でしょう。

他にもピアノの運搬に関わる情報は、予め詳しく伝えておきましょう。

  • 何階にピアノが設置されているのか。
  • エレベーターはあるのか、もしくは階段なのか。
  • 階段は何段なのか。段差はあるのか。等

ちゃんと伝わっていないと、当日に運搬料金として、買取金額から減額されてしまう可能性もあります。
ピアノの運搬上、難しいと思われる点は、しっかりと事前に伝えておきましょう。

内部の損傷や設置場所で減額!?マイナス査定の理由

設置場所

ピアノの買取査定というのは、現物を見なくとも、型番や製造番号などをピアノ買取業者に伝えるだけで、簡単に済みます。普段全く使っていなかったピアノが、意外な高値になったりすると、かなり嬉しいものですよね。ですが、実際に買取の場になると、様々な問題から「マイナス査定」として、見込んだ価格から引き下げられることがよくあります。

ピアノの傷であったり、ペダルがうまく踏めなかったり……。

ピアノを買取に出すまでの段階で、何年か放置されていたりもするので、仕方がないところなのですが、どうにかしてそういうことは避けたいものです。ピアノの買取における、マイナス査定になる箇所について、簡単に説明いたします。

一番のマイナス査定ポイントはネズミや虫

まず、マイナス査定を何故受けるのかについて、お教えしましょう。

ピアノ買取業者は、ピアノを買い取った後に自分たちで修理修繕を行い、そしてピアノが欲しい方に売るのがお仕事です。また、買取の際の配送費についても、基本的にピアノ買取業者がみますから、ここでのコストも出来るだけ抑えたいところ。それを踏まえた上で、マイナス査定を受けやすいポイントについて、説明しましょう。

まずは、ピアノの外観に傷がついている場合。見た目を直す程度であれば、比較的簡単ですので、ひどくマイナスされることはないでしょう。
しかし、一番厳しいのは「ネズミや虫によって、ピアノの内部がかじられたりしている場合」。

ピアノ内部は音を鳴らすための一番重要な部分なので、修理・修繕は非常に難しく、神経を使う作業が必要です。

程度にもよりますが、あまりにもひどすぎると買取拒否すらあり得ますので、ピアノを保管する際はネズミや虫対策をしておきましょう。

実は最重要!ピアノの設置場所

もう一つ注意しておくべきなのが「ピアノを設置している場所」です。

前述した通り、ピアノの配送費はピアノ業者もちなので、ピアノを持ち出す段階で問題が起きると査定額から差し引かれます。1階で玄関に近い部屋に設置してある、というのであれば何の問題もありません。ですが、例えば家の2階にピアノを設置していて、クレーンなどを使わなければ家から出すのも困難である場合。その際には、クレーンを使う分のお金も、運搬料としてマイナス査定扱いとなるのです。

基本的には、設置に必要としたお金だけ、撤去するお金も必要になる、と考えるといいでしょう。ネズミにせよ設置場所にせよ、盲点になりやすい部分です。ピアノを買う段階から、色々と気を付けておいた方がよさそうです。

マイナス査定を減らすため修理はしておくべき?

では逆に、マイナス査定になるようなところは修理した方がいいのか?と言われると、そういうわけでもありません。ピアノの修理自体に結構お金がかかってしまいますから、結果的にマイナスとなる場合が多いでしょう。また、ピアノの音を合わせる「調律」に関しても、お金がかかってしまいますので、オススメしません。

何より、ピアノ買取業者の方で、他の方への販売前に行いますから、逆にやらない方がいいかもしれません。ただ、運搬料が高くなってしまうことへの対策として、運びやすいようにピアノを事前に動かしておくことはかなり有効です。

力仕事になるので大変ですが、ピアノ搬送に関わるところは、運送会社さんがやりやすいよう自分でやっておくのがオススメです。

ピアノの買取でマイナス査定されないコツは、「ピアノを大事に保管しておくこと」の一点につきます。もしかしたら今後、ピアノを売ることがあるかも…という方は、今からでも様々な対策を行っていくと、後悔のないピアノ買取ができますよ。

ピアノの買取査定でトラブルを防ぐために

トラブル

ピアノを買い取ってもらうなんて、ピアノを持っている人にしか経験がありません。また、ピアノを持っている人にとっても一生に一回あるかないかの作業です。そのため買取時にトラブルになる事もあります。

そんな中でも良く起こるのが査定時の見積もりと最終的な買取価格が違うというトラブルです。

ピアノは、メーカーや製品などでだいたいの見積もりが決まっています。そのため、明かに状態が悪いものでなければ見積もり価格から大幅に買取価格が変わるという事はありません。

しかし悪徳業者だと査定時に高額な見積もりを出しておいて、買取となるとマイナスポイントを無理にでも見つけ出して買取価格を下げてきます。「ここにキズがあるから。」というような理由です。

良心的な業者ならば、細かいキズは修理して目立たなくできます。しかし、ピアノの所有者はそんな事を知らないので業者の言う事を鵜呑みにしてしまうのです。

業者がこの人はなにも知らないな…と思ったらどんどんつけ込んできます。運搬するのに難しい場所だからとか、ピアノの状態が悪くて運搬しにくいかなどの理由で買取査定額をどんどん下げようとすることもあります。

本来ならばもっと買取価格が高くなるピアノを安く買い取ってしまおうというのがトラブルの原因になっているとも言えます。こういったトラブルを防ぐためには、複数の会社に見積もりをしてもらう事です。

また、見積もり額が出ても一番高い価格だけの会社にすぐ決めない事です。なるべくたくさんの見積もり会社に現地調査をしてもらったりなどして、つながりを持っておきましょう。

多くの買取業者とつながりを持っておけば、全てが悪徳業者も見分けやすくなります。また、買取価格についても他の会社に相談ができるのです。

こういった理由から、多くの買取業者に見積もりを出しておくのがピアノ買取業者とのトラブル防止となります。トラブルなくピアノの買取ができたら、ピアノも喜ぶはずです。

ピアノを買い取った後の料金の払われ方は?

料金

買取値段に納得したらどのようにお金が支払われるかについては、大きく分けて2種類の方法があります。それは現金受け渡しか口座振り込みです。業者によってお金の払われ方は違います。また、同じ業者でも現金で渡す場合と振り込みにする場合があります。

なぜ現金で渡すのか、なぜ口座振り込みなのかという理由は業者にしか分かりません。現金でお金を渡せば、口座振り込みの手数料がかかりません。そういった理由からか、現金で手渡しする業者もあります。10万円以上もの買取価格がついたピアノでも、現金で手渡しをする業者はあります。その後、お金を受け取りましたと一筆書く書類を渡されます。そういった書類があれば、後からまだお金をもらっていないなんていうトラブルは防げます。

口座振り込みにすると目の前での現金のやり取りがなく、スマートに取引きを終える事ができます。ピアノを運搬する途中で料金を変更されるなどリスクを減らす事ができます。

ピアノを運搬する事前にお金を振り込まれる場合もありますし、運搬が無事に終わったら振り込まれる場合があります。10万円以上もするものだと、口座振り込みの方が安心だという人もいます。手渡しだと、多額のお金を入金しに後から銀行に行くのがめんどくさいという考え方もあるのでそこは人それぞれです。

現金を手渡しにするからといって、悪徳な会社とは限りません。現金手渡しにしろ口座振り込みにしろ、少しでも多くの金額を見積もりしてくれた会社を選ぶようにしましょう。

買取が難しいピアノとは?

買取が難しいピアノ

ピアノの買取は、ヤマハやカワイなどの大手メーカー物であれば買い取ってくれる場合があります。しかし、中には大手メーカーのものでもピアノの状態が悪くて買取ができないものもあります。それは、明かに劣化したピアノです。

ピアノは木で出来ているため、プラスチックなどの水を弾くものではありません。防水使用のピアノなんてなく、置く場所によっては劣化します。

例えば、湿度が高い部屋です。

普通の住宅に置いてあれば問題ないのですが、海辺の家で窓を開けると潮風を感じる家もありますよね?そういった家で、ずっと窓を開けっ放しにしておくと潮の被害がピアノにもあります。

潮風の威力はすさまじく、家の門まで劣化するほどです。そのため、ピアノも劣化してしまって修理のしようがないのです。だから買取ができません。

数少ない状態と思いますが、水没してしまったピアノも買取が難しいです。一度水を含んでしまった木は、水分がきちんと蒸発するまでに時間がかかります。そこから劣化が始まり、ピアノの修理が難しくなります。

ピアノの全てを変えなければいけないないとなると、修理工場でも新しいピアノを買った方が安い訳です。

そして害虫もピアノの敵ですね。ねずみは木をかじります。屋根裏などに行くと、ねずみにかじられた跡がある柱を見た事がある人もいるでしょう。ピアノも木なのでかじられることがあり、その修理は難しいものです。かじられた場所のパーツを変えたりしないといけないのですが、中古で年代物のピアノとなるとそのパーツが手に入らない場合が多いからです。

ただ、どこまでの劣化ならばピアノを買い取ってくれるかは、買取業者じゃないと判断ができませんので劣化したピアノであっても引越し侍のピアノ買取で査定を行ってもらうのがいいでしょう。

しかし、大手メーカーだからといって絶対に買い取ってくれるという過信は禁物です。