痩せすぎな人は太っている女性を参考に!健康的に太る方法でベストな体重を目指そう

痩せすぎな人は太っている女性を参考に!健康的に太る方法でベストな体重を目指そう

太っている女性は、とても健康そうに見えます。ガリガリに痩せている女性は、不健康そうに見えますが、それだけでなくいろんなシーンで損することも多いのです。

何でも好き嫌いなく食べる人は、ある程度太っていても痩せていても健康体です。しかし、ここで気を付けたいことは健康的に太っている女性なのかどうかです。

いくら太っていても健康的ではない女性は、魅力的とはいいがたいものです。健康的に太るには、もともと痩せていても健康的な体を持っていることが条件なのです。

太るためには、一日三度の食事は欠かさず食べ、夕食の量を増やします。主食は、炭水化物のご飯にします。太るには、炭水化物が一番です。そして間食回数を増やし、間食メニューもカロリーが高いものを選びます。

夜食にうどんやパンなど、間食の量も多い目に取ります。運動すると一気に消費カロリーが多くなりますが、運動は適度に行うのをおすすめします。

太っている人の気持ちや特徴

太っている人はときには、イライラや不安、寂しさを食べることでストレスを解消しようとします。

間食して空腹感が満たされると人は一時的に幸福感を得るそうですが、時間がたち30分するとまた元の気持ちになるそうです。

太っている人は、食べものを見ると満たされたい気持ちが強いので体重を気にしている人は食べ物がたくさん並んでいるところへ行かないようにする、目の前に食べ物を置かないようにすることが大事と言われています。

太っている人の気持ちを満たすのには、何か物事を始めるなどすると効果的です。

太っているぽっちゃり系の人は、考え方が開放的で温厚な人が多いですが、気分の浮き沈みが激しい人が多いのも特徴です。面倒見がよく親切で男女問わず友人も多いですが、太るたびに衝動性が高まるとともに太るリスクがますます高まります。

心と体が密接な関係にあることが良くわかる、ある大学のダイエットプログラムの調査結果によると、楽観的な性格で太った人は体重の減りが少なかったそうです。

これは、健康的なリスクを抱えているのにもかかわらず、楽観視しすぎるといっても過言ではありません。

太っている人は平均寿命が短く、肥満を楽観視しすぎるのも良くありません。

太っている人の特徴ですが、何かにつけ、面倒がります。部屋の片づけ、掃除、ご飯を用意するのさえ面倒がり、ファーストフードのバーガーや宅配どんぶりで済ませるという人も少なくありません。

とにかく動くのが嫌で、このような生活習慣が続くから太るのです。また、肥満の人は、食べるのを控えようとする前には、すでに食べ終わり、明日からダイエットしようというのです。

この言葉が続く限り、いつまでたっても肥満から脱出することはできないのです。

ぽっちゃり系女子の部屋へ行くと、部屋が散らかっていて汚いです。とにかく物が多く、まるで部屋全体が物置部屋のようです。

シューズボックスの中は、かかとが取れて履き古したパンプスと、今履いてるパンプスとでごっちゃまぜです。また、いつでも、すぐに横になるというのもぽっちゃり女子の特徴です。立っていると、体が重いのでしょう。

だから、横になると楽なので、しょっちゅう横になって寝ている姿をよく見ます。ぽっちゃり女子は、スイーツ、パスタなど糖質が好きなのでしょう。太る原因は、炭水化物ではなく糖質というのが本に書いてありました。

ぽっちゃり女子のいけない特徴は、ほんの0.5kg減っただけでダイエットに楽観視することです。少し体重が減ったのにもかかわらず、食べる量を増やしてしまうのです。

もともとやせ型の人のダイエット感とはわけが違うのです。夜中にスイーツを食べるということも、やせ型の人は絶対しませんが、ぽっちゃリ女子は、太る危機感なくスイーツを平気で食べます。

太っている人の食べ方

太っている人は、何を食べているのかを意識せず、ただ空腹を満たし満腹感も感じにくい人が多いようです。

一人で食べることが多いので、必然的に食べるスピードも速くなります。大勢で食卓を囲むと、人との会話も増え、食べるスピードもゆっくり、食べ物を噛む回数も増えるのです。

噛む回数が多くなれば、痩せ体質を作ることができます。また、太っている人は、一口に食べる量も多いですが、噛む回数は少ないです。痩せている人との食べ方を比べてみると一目瞭然です。

痩せている人は太っている人とは対照的で食べる量が断然に少なく、食べるスピードが遅く食べ終わるまでにも時間がかかります。ですので、当然噛む回数は多くなります。

また、痩せている人から見ると「こんなにも!」と思うくらい多い量を食べているのに、太っている本人は「あまり食べていない」と言います。

太っている人は1回に食べる量が多く、痩せている人が思っている普通量に違いがあります。

太っている人は他の調味料との組み合わせで、食べ物をアレンジするのが得意です。例えば、うどんを食べた後に残った汁の中に、ご飯を混ぜて食べたり、ラーメンの残り汁にごま油をたらすと風味が出ます。

そうして、食べ終わった後でも、残り物をアレンジして食べつくすのです。これは、もったいない精神の一環です。

太っている人は、お腹が空いていなくても、もったいないからと言って食べることが多いのです。このこととは対照的に痩せている人は、お腹が空いている時しか食べません。空腹か満腹かの境界線がはっきりしているのです。

また、太っている人は、甘いものを食べた後にはすっぱいものが食べたくなるなど、食べ物の連鎖が絶えません。これがコンビニのお菓子となると大変です。

ポテトチップスの後にはコーラ、コーラの後にはお好み焼き、お好み焼きの後にはチョコレート、チョコレートの後にはボスの缶コーヒー、などキリがありません。

こんな具合なので、太っている人はカロリーを摂取しているという概念がありません。

太っている人の食べ物の栄養分

太っている人は、食べ物に含まれている栄養を取る量も多いです。

パンやうどんに含まれている小麦、ご飯に含まれている炭水化物、太る原因になる栄養素を知らず知らずのうちに多量に取っています。

一日3食ともお米中心の食生活が習慣化して、夜寝る前の夕食も平気で取ります。昼間、食べたお米の中の炭水化物には、ブドウ糖が含まれていますが、太っている人は、ブドウ糖がエネルギー消費に使われず体に蓄積します。

脂肪燃焼に消費されないと、体に脂肪が残りやすく、炭水化物中心の食生活を送っていると、太りやすい体質になります。

太る原因は腸内環境

現在太っている人は、痩せたいために食事量を減らし、カロリー消費のために運動に励みます。痩せている人は逆に太りたいために、できるだけきっちり食事して、カロリー消費を少なくするために運動量を減らします。

しかし、このように実行しても、太っている人がなかなか痩せないのは、腸内環境が低下、腸が上手く働いていないからです。つまり、全く逆のことに努力しているということになります。

腸内に棲む「デブ菌」をご存知でしょうか?

「デブ菌」は、食べ物を消化した後は、腸内に留まっている菌です。肥満は、食べすぎと運動不足が原因ですが、あるテレビ番組での理化学研究員のB氏によると、腸内に棲む細菌も肥満の原因になっているといわれています。

人が食べ物を食べると約8割が小腸で吸収され、残りの約2割が大腸で必要な栄養分等が吸収され、不要物が排出されますが、「デブ菌」が多いと体に必要な栄養分以外の不要物まで吸収され、腸内に蓄積することで肥満になるといわれています。

B氏によると、「デブ菌」については解明されていないそうですが、痩せ型の人に「デブ菌」を投与したところ、太りだしたという研究結果もあるそうです。また「デブ菌」を持つ母親から生まれた子どもも「デブ菌」を持ち、肥満になるという結果だそうです。

ちなみに「痩せ菌」も腸内に存在し、「痩せ菌」と「デブ菌」の割合が約6:4がベストだそうです。太っている人は「デブ菌」の割合が多く、痩せている人は「痩せ菌」の割合が多いです。

野菜に含まれている食物繊維やヨーグルトに含まれている乳酸菌が、腸内環境を整えるのに良い食べ物ということはご存知だと思いますが、腸内の「デブ菌」を減らすのに最良の食べ物は「納豆」だそうです。

健康的に太りたい人のサプリ

痩せすぎに悩んでいる人がぽっちゃり健康的な美ボディになれるというサプリがあります。

痩せていると見た目にも体力がなさそうに見られることがあり、太っている人がダイエットに励んでいる人もいれば、痩せていることで悩んでいる人もいます。

痩せている人の悩みには、いくら食べても太らないから、どこか病気では?と言われることがあり、たくさん食べると胃もたれする場合もあります。痩せてがりがりだと女らしい丸みと優しいスタイルではないので、体に合う服も限られます。

太れないのが体質や遺伝のせいだと思って、諦めるのはおやめください。このように体質や遺伝のせいで太れないと思っている人は多いですが、太れない原因は腸内にある「痩せ菌」と「デブ菌」にもあります。

これは、科学的に証明された事実で、つまり痩せている人は、腸内に「痩せ菌」が多いのです。このサプリの中には、「痩せ菌」をブロックする酵素が含まれています。

酵素の働きを強めるための補酵素のビタミンやミネラルなども豊富に含まれています。パーフェクトな栄養バランスを持つ湖に生育している藻の一種のスピルリナも入っています。

12種類のビタミン、14種類のミネラル、18種類のアミノ酸、脂質、炭水化物、食物繊維、色素が含まれ、栄養の含有率は、タンパク質が牛肉の約3倍、β―カロチンがほうれん草の約40倍、鉄分がニンジンの約450倍も含まれています。

また、血液の循環が促進、体をしんから温める生姜成分も含まれています。さらに腸内環境を整える乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖も含まれています。

これだけではありません。

元気になれる成分として「マカ」と180種類の植物エキスも入っているので、老けて見られていたガリガリの貧相がふっくら元気なはつらつとした表情、健康な体になれます。太るために一日4食の食事を心がけていた人がいましたが、このサプリさえ飲めば、もうそんなことをする必要はないのです。腸の中の「デブ菌」を増やしてくれるからです。

まとめ

太っていても痩せていても結局最終的には健康が一番になるでしょう。中肉中背で、何十年と体型が変わらないのが健康だと思うのです。

何度も太ったり痩せたりを繰り返すのは健康に問題がありそうですね。痩せすぎの人は自分自身に合った太る方法を取り入れベストな体重を維持することが大切です。

腸内にいる「デブ菌」と「痩せ菌」のベストな割合がキーポイントだと思うのです。太りたい人は、摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと太れると思っていたと思います。