目の下のクマの種類は様々!原因にあった目のクマを取る方法で対策しよう

目の下のクマの種類は様々!原因にあった目のクマを取る方法で対策しよう

目の下のクマと言うのは自他共にあると良いことはありません。他人から見た印象についても不健康そうに見られるので心配されてしまいます。

クマにも色々な種類がありますのでそれぞれの原因や対策をしっかりと勉強しておきましょう。

目の下のクマの種類について

知っている人であれば10秒もあれば目の下のクマ種類についてパッと言えるのですが、案外と知られていないものなのです。

黒クマは目の下のたるみが主な原因

目の下にクマができてしまう原因には色々なケースが考えられます。その中でも目の下の皮膚のたるみが原因の場合があります。加齢が原因のケースが多いのですが、いくつかのケア方法があります。

まずは食事のバランスを良くすると言う方法です。

加齢になると同時にダイエットを始める方も多いですが、栄養が偏ってしまうと目の下の皮膚が痩せてしまいますので、なるべくバランスの良い食事を行う様にしましょう。

その他のたるみが原因の場合には眼輪筋を鍛えることが大事。

眼輪筋は目の周りの表情筋のことですが、加齢に伴って筋力が劣ろてしまうとたるみが生じてクマの原因になってしまうのです。

青クマは体調不良が原因などの血行不良が主な原因

因みに血行不良が原因の場合には『青クマ』と呼ばれるクマになります。

目の下の皮膚はとても薄くて沢山の毛細血管が集まっている部位にもなるのです。何かの理由で血行不良になってしまうと毛細血管残の中で血行の流れが滞ってしまいます。

そうすると外から見た場合には薄い皮膚が透けて目の下のが青っぽく見えてしまうのです。

血行不良が原因の青クマのケア方法ですが、一番大切なことは血行不良の原因となることを排除することです。

具体的には血行不良と言うのは寝不足なストレス、冷え、運動不足、そして目の疲れなどが原因で引き起こされるために該当する場合には生活習慣を改善する必要があります。

なお、上記の症状が当てはまらなくてもタバコを吸う方も毛細血の血流が悪くなる場合がありますので、禁煙をすることが望ましいです。

また目が疲れたなと感じた場合には血行を促進させるために蒸しタオルを活用すると良いでしょう。

具体的な方法としては500ワットの電子レンジに水で絞ったタオルを入れて1分ほど温めると蒸しタオルができますので、適温まで冷ました後で両目の上に乗せて5分ほど温めます。

これであれば会社で残業中でもできますのし、昨今ではドラックストアでも蒸気が出るアイマスクや美顔スチーマーなどが安価で販売されていますので、血行不良が原因の場合の青クマを改善するにはオススメのグッズとなります。

茶クマはシミやくすみが原因が主な原因

シミやくすみが原因の場合は『茶クマ』と呼ばれる症状になります。

この茶クマになってしまう主な原因としては、色素沈着や肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れてしまうことが考えられます。

シミやくすみが原因の場合のケアの方法ですがUV対策を忘れずに行うと言うことです。

また若いからと言って日差しが強い時でもそのままで外出をしてしまいますと昨今の紫外線はとても強いですので後々にシミやくすみができやすくなってしまいます。

特に夏場の日差しが厳しい時には日傘や日焼け止め、または大きめのつばの帽子を着用したり、目元のケアとしてサングラスをかけることでシミやくすみが原因の場合の目の下のクマを予防することが可能となります。

その他のシミやくすみが原因の場合となるにはビタミンCが不足していることも考えられます。

これは普段はちゃんと摂っているつもりでも紫外線を浴びた肌からはビタミンCが減少してしまっていますので、健康な肌の状態を保てなくなってしまいます。

普段よりも野菜や果物を多く摂ったり、サプリメントを活用してメラニン生成を制御するためにもビタミンCを積極的に取る様に心がけましょう。

美容面から見たシミやくすみが原因の場合の対処方法もあります。

まずは化粧品を選択する際にビタミンC誘導体やアルブチン、またはコウジ酸などの美白効果として認められている成分が配合されている物を選んで目元ケアをすると良いでしょう。

またクレンジングをする時には目元を必要以上に強く擦ったりまたクレンジングで落としきれなかった化粧品が肌に残ってしまった場合も皮膚に刺激が加わりますので茶クマを悪化させてしまう原因となりますので強くこすり過ぎない様に且つ化粧品が肌に残らない様にクレンジングを致しましょう。

マスカラをしている方は落とす際にはコットンに専用のリムーバーを含ませてまつげを軽く掴んで落とし、アイライナーやアイシャドゥはリムーバーを含ませた綿棒を使用する様にしましょう。

このような場合には血行不良を改善させるためのマッサージをしたりツボを押したりすると良いです。

栄養を皮膚に行き届かせることで、肌の新陳代謝が良くなってメラニン色素の排出が促進されるのが期待できます。

目のマッサージ

目のクマを治すためにも誰でもどこでも簡単にできる方法があります。

それが目のマッサージになります。

一般的にマッサージと言うと上半身や下半身を柔らかくするための運動になりますが、実は目の下のマッサージについても同じ体の一部になりますので、鍛えれば効果が出ると言う部位になるのです。

目のマッサージとはとても簡単な方法で目の周辺の血の巡りを改善するという方法になります。マッサージについては以下のページが参考になります。

目の下のクマを解消!30秒で簡単、写真でわかるマッサージ術

如何でしょうか?目のマッサージの動作としてはこれだけになりまして後はこの動作を日々続けていきます。

どうして目のマッサージとして効果があるのかと言いますと、目の周辺の筋肉には眼輪筋と呼ばれる筋があり、この眼輪筋の力が弱まってしまうとたるみの原因になってしまいますのでマッサージをすることで血行が改善されるのです。

目元マッサージを行う前の注意事項についてですが、準備として目元マッサージを行う前にはクリームなどを目元に塗って滑りを良くしてから行うようにしましょう。

目の周りの部位はとてもデリケートですのであまり強く押したり擦り過ぎてしまうと皮膚や眼球にダメージを与えてしまうことになります。

特に気をつけたいのは強く擦ることで皮膚が色素沈着を起こしてしまい、このことが原因となって茶クマになってしまった時、色素沈着が直るまでは目元マッサージを行うのは避けておきましょう。

目のクマに効くツボ

おそらく目の運動やマッサージ位であれば行なったことがある人もいると思いますが、目のクマに効くツボを押す方法を熟知している方はあまりいないと思います。

実際に行うに当たってはどの様なことに注意をすれば良いのかと言いますと、まずツボをを押す時には決して強過ぎずに気持ちが良い程度の力で約5秒ずつ3セット行うと言うことです。

ツボを押す方法ですが、いくつかありますので順を追ってご紹介いますと、まずはセイメイと言いまして、目頭と鼻の根元の間のくぼんだ所にあるツボになります。

また眼精疲労に効果がありまして、方法は両手の人差し指を使って左右のツボを押して行きます。

次にご紹介をさせていただくのはドウシリョウと言うツボで、これは目尻から大体親指半分くらい外側にある骨の際のちょっとしたくぼみになります。

そしてこのツボは眼精疲労または目尻のシワにも効果がありますのでオススメになります。

また方法としては両手の人差し指の腹を使って左右のツボを押して行きます。

この2つだけでも十分効果があるのですが、その他の目クマに効くツボといたしましてはの四白(しはく)と言うツボになります。

場所と致しましては両側の瞳の中心から下に辿って行くと骨がありますので、骨のヘリから大体親指1本分位下に位置する骨の際のくぼみになります。

そして効果と致しましては眼精疲労や目の下のたるみの改善に効きます。

やり方は両手の中指の腹を使って押して行きます。

最後に覚えやすい名前になりますが、太陽(たいよう)と言うツボもあります。

ここは左右の目尻の少し外側のこめかみの付近の骨が少しくぼんでいる所にあります。

もしかすると無意識に触ったことがある方もいると思いますが、側頭部の血行を良くし、クマを改善する効果がありまして、両手の中指の腹を使ってツボを押して行きます。

リンパマッサージ

リンパマッサージと聞くと体の代謝を上げるためのマッサージで、普段は上半身や下半身に対して行う物だと言う常識があるかと思いますが、実は顔のリンパを良くすることで顔全体の血行が促進されるので目の下のクマを取るにも効果があるのです。

では目の下のクマを取るためのリンパマッサージの具体的な方法と致しましては耳の後ろの骨の所にある『耳介後(じかいこう)』と言う部分がありますので、ここのリンパ節をゆっくり押します。

次に両耳たぶを持ち、真横に引っ張って気持ちが良い所でキープします。

また耳の中心や上部でも同じ動作を行います。

また耳たぶを掴んで下から上に揉むようにすると良いリンパマッサージなります。

また耳手前の顔の輪郭の所に指の腹を当てて頭頂部に向かって側頭部の頭皮を持ち上げるようにゆっくりと移動をするのも目の下のクマに効くリンパマッサージになります。

セルフケアの方法

目の下のクマが軽度な場合にはご自身のセルフケアの方法で改善できるケースが多いのでぜひ覚えておいていただければと思います。

まずは健康全般に精通することになりますが睡眠時間を十分に取ると言うことです。

特に血行不良が原因で起こる青クマや色素沈着が原因の茶クマに付きましては、一番のセルフケアの方法は睡眠時間を改善することだと言っても間違えない位なのです。

特に血行不良の方の中には寝不足や冷えが原因のこともあり、睡眠時間を十分に取れば治る場合もあるのです。

更に睡眠不足は女性には大敵である肌の新陳代謝(ターンオーバー)を乱してしまう原因になってしまいます。

肌の新陳代謝が正常に行われないと言うことは、メラニン色素がスムーズに排出されないために茶クマになる原因となってしまうのです。

その他のセルフケアの方法と致しましては、サラサラな血液にして血行不良を改善するための栄養素をどんどん摂取して行くことも大切です。

具体的にはほうれん草やレバーに代表される鉄分やかぼちゃやウナギに含まれるビタミンE.またはイワシやアジに含まれるDHA類を意識しながら積極的に摂取して行くと良いでしょう。

以上が目の下のクマを取る方法になります。

早めに気が付いて対処をすることが大切になりますが、コツと致しましては化粧品でごまかすことも見た目上大切ですが、生活改善をすることで、根本から治して行くことが一番大切になりますので、日々の食生活や睡眠に気をつける様に致しましょう。

いかがでしたでしょうか、目の下のクマを取る方法は決して特別なことではなくて普段の生活の中でも改善できる点がたくさんあるのです。

また1日2日で急に治る物でもありませんので、根気よく続けて行きましょう。