脇の黒ずみになってしまう原因について

脇の黒ずみになってしまう原因について

女性なら必ず悩んでしまうのは、「脇」だと思うのです。毎回脇の処理をし黒ずんでしまう方、多いのではないでしょうか?

そんな方に今回、黒ずみになってしまう原因に関して説明していきたいと思います。

脇が黒ずむ原因は間違ったムダ毛処理にあった!

女性ならば誰しもが悩むムダ毛の問題。処理をしてもしても繰り返し生えてしまうもので、エステで永久脱毛をされる方も少なくありません。

しかし、エステはなかなかお高いので自己処理を繰り返ししているという女性も多いです。

そんな自己処理をしている方が悩むのが脇の黒ずみです。

ムダ毛処理と脇の黒ずみに一体何の関係があるの?と思いますよね。

むしろ脇が黒ずんでしまう原因がムダ毛処理にあると言っても良い程、深い関係があるんですよ。

ムダ毛処理は肌へ過剰な刺激を与える

エステで永久脱毛をしていない限り、大抵の方はムダ毛が繰り返し生えてきます。特に肌を露出する季節には念入りにお手入れをしますよね。

実はこの頻繁に行うムダ毛処理が、肌にとって過剰な刺激を与えてしまっている原因なのです。

人間の体の仕組みとして、自己防衛本能があります。これは外部からの刺激に対して、自身を守ろうとした際に起きるのですが、防衛本能が働くことによってメラニン色素が活発に働きます。

この活発に働くメラニン色素が脇に付着して、色素沈着を起こしてしまうと脇に黒ずみを作ってしまうのです。

剃刀は皮膚まで削る

ムダ毛処理の方法といっても、毛抜きで抜いてしまう方法とカミソリで剃る方法がありますね。

カミソリで剃る方法は、毛抜きと比べてもさほど痛みを感じにくく手軽に行えるムダ毛処理の方法です。

毛抜きよりもカミソリの方ばかりをやっているという女性も多いのではないでしょうか?

実はこのカミソリで剃るという方法は、ちょっと力を入れて擦ってしまうと皮膚まで削ってしまう恐ろしい方法なんです。

あなたはこんな経験がありませんか?

カミソリに剃った毛と共に白い粉のようなものが付着していた

このカミソリに付着していた白い粉のようなものが、実は皮膚なんです。

見る限りでは皮膚の表面部分しかカミソリを当てませんから、比較的安全なように見えても実は角質層まで削ってしまっている場合もあるんです。

そしてカミソリでのムダ毛処理は、肌に無数の傷を付けてしまいやすく肌が傷だらけに。

皮膚に無数の傷が出来てしまうと、そこから細菌が侵入して肌トラブルを引き起こす…なんて事も少なくありません。

無数の傷を付けてしまう事も、脇が黒ずむ原因に大きく関係していますから、注意をしなくてはなりません。

毛抜きでのムダ毛処理は危険がいっぱい

ムダ毛処理の方法のもう一つ、毛抜きですが実はこれがかなり肌へダメージを与えてしまう原因。

毛抜きで毛を抜く時、初めての頃は痛みがかなり強く毛を抜く際に勇気がいるもの。

ですが、一度毛を抜く快感を覚えるとカミソリでムダ毛処理をしても満足できないという方も居ます。

毛を抜くという行為は毛穴を無理やり広げるので、本来ある毛穴より大きく広がってしまいます。

毛穴が広がってしまうと、その分細菌の侵入してしまう危険性が上がります。

細菌が毛穴に侵入してしまう事で、毛穴が炎症を起こせばそれが肌トラブルに繋がります。

炎症を起こした部分から脇の黒ずみになるという事もある為、毛抜きでムダ毛処理を行うのは出来れば避けたい行為です。

このようにムダ毛処理と脇の黒ずみには深い関係性があり、間違ったケアをしてしまうと肌を傷付けてしまい、肌トラブルを起こしてしまいます。

出来ればエステで永久脱毛を行えれば、ムダ毛処理の手間からも解放されますし、脇の黒ずみもなくなるでしょう。

ですが、費用面でなかなか困難な場合には自宅でケア出来る除毛クリームというのもあります。

肌に過剰な刺激を与えないようにすれば、メラニン色素が活性化する事もなく気になる脇の黒ずみも改善されるでしょう。

脇の黒ずみとブツブツが出来る原因は同じ特徴がある

意外に多くの女性の悩みの種となっている脇の黒ずみ脇のブツブツ。これらは出来てしまっても、なかなか周りの人に相談出来ないデリケートな問題である事から、改善方法を詳しく知らない方も多いでしょう。

中には脇の黒ずみとブツブツ両方が発生してしまって悩まれている方も居ます。

実は、両方に悩まれてしまうのはさほど珍しい事ではなく、他人事だと思っていてはいけません。

ブツブツの原因になる毛抜きでのムダ毛処理

脇にブツブツが出来てしまう原因として考えられるのは毛抜きによるムダ毛処理です。

毛抜きによるムダ毛処理を基本としている方が、この脇のブツブツ肌で悩まされているケースが多いです。

元々カミソリであれ毛抜きであれ、自宅でムダ毛処理を行う時には肌に深刻なダメージを与えてしまっている場合が多く、間違った自己処理を繰り返してしまうと更に肌トラブルを悪化させてしまいます。

そんな中でも毛抜きによるムダ毛処理を繰り返し行う事で、肌が鳥肌が立った状態のようにザラザラでブツブツが目立つ状態になってしまいます。

毛抜きによるムダ毛処理は、毛穴を広げてしまいやすく細菌感染を起こしてしまい、炎症が起きる事もあります。

それだけ毛抜きによるムダ毛処理は注意が必要な方法なのです。

ブツブツを作らない為にもそうですが、毛抜きによってムダ毛処理を続けていると、皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛という肌トラブルを引き起こしてしまう可能性まであります。

なるべくなら毛抜きでムダ毛処理を行わない事で、ブツブツも改善され肌トラブルにも悩まされなくなるでしょう。

皮脂や汗などの詰まり

脇は体の部位の中では汗の分泌量が多くなる場所。ブツブツが出来てしまう原因として考えられるものに、こういった分泌物による毛穴の詰まりが考えられています。

肌に付着した皮脂や汗などの汚れが毛穴に詰まってしまい、酸化すると黒ずみやブツブツを引き起こす原因となってしまいます。

その他、脇に使用するデオドランド製品も原因の一つ。

制汗スプレーは特に肌に対する刺激が強く、脇が黒ずんでしまう原因の一つとして考えられています。

制汗剤にも色々種類があって、ロールオンタイプは肌に直接塗り込みます。この塗り込んだ制汗剤をきちんと落とさないで、放置してしまうと毛穴に詰まってブツブツの原因になってしまうのです。

脇の毛穴は他の部位に比べて、毛穴が広いので汚れが溜まってしまいがち。

鼻に出来るイチゴ鼻をご存知の方は多いと思いますが、脇に出来るブツブツもいわば同じなんです。

制汗剤や消臭クリームを使うのは良いとしても、綺麗に洗い流せていない事がブツブツになる原因なので、デオドランド製品を使ったら綺麗に洗い流せばブツブツにもなりません。

新陳代謝の低下

そして、数多くある肌トラブルを引き起こしてしまった時通常肌が健康な状態であれば、ターンオーバーによって新しい皮膚へと生まれ変わります。

しかし、大抵黒ずみやブツブツが出来ている肌というのは、代謝が低下してしまっている可能性が高いので、黒ずみやブツブツも段々悪化していくばかり…。

無理なムダ毛処理を控える事で、ブツブツが出来てしまう原因を取り除く事は出来ますが、その後綺麗な肌に戻していくには代謝活動が欠かせないのです。

黒ずみやブツブツに悩まされていて、毛抜きでのムダ毛処理を止めても改善がなかなかされない場合、新陳代謝が低下している可能性もあります。

新陳代謝を上げてターンオーバーを促す事も、脇に出来てしまったブツブツを改善するには必要になってきます。

規則正しい生活はもちろん、ターンオーバーを促す為にコラーゲンやビタミンなど美容に効果のある成分を摂取していく事も改善していく為の方法の一種でもあります。

衣服の摩擦が脇の黒ずみを作る

気になる脇の黒ずみ。出来てしまう理由は色々あり、主にムダ毛を処理した時に過剰なダメージを与えてしまう事が原因とされています。

脇に黒ずみを作ってしまう原因の中で、衣類による摩擦があります。

衣類や下着は常に身に付ける物である為、比較的ゆとりのあるサイズの物を身に付けていても肌を擦ってしまいます。

脇の下の皮膚は他の部位と比べても薄く、デリケートな部分なので外部刺激に弱いのです。

補正下着による締め付け

着用している衣服や下着が擦れると、肌の自己防衛本能が働きメラニン色素が活性化します。

しかし、これは避けようと思ってもなかなか難しいもの。ただ、女性の場合は特に補正下着やガードルなどの締め付けの強い下着を着用している事が多いので、それが余計に脇に黒ずみを作ってしまう原因になっているのです。

小さめの下着を好んで着けていると、体に合った下着や衣類を身に付けている時と比べても、やはり体に負担をかけやすいもの。

摩擦のダメージは私たちが考えているよりも、かなり大きいので黒ずみを作りたくないなら摩擦のダメージも軽減しなければいけません。

蒸れや乾燥が更に悪化させる原因に

これは脇の黒ずみにとって大敵。改善したいのであれば、乾燥も蒸れもなくしたいもの。

脇に黒ずみが出来てしまう主な原因として、ムダ毛処理の際に過剰なダメージを与えてしまう事がありますが、この過剰なダメージに加えて乾燥や蒸れが加わると肌にはとんでもない負担が掛かります。

衣類や下着の締め付けで肌は常日頃ダメージを受けていますが、肌は外部刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。

その生成されたメラニン色素が肌に沈着してしまう事で、脇の黒ずみが出来てしまいます。

それだけでも結構脇が黒ずんでしまいますが、汗をかいた後拭き取らずにそのままにしてしまうと、皮脂汚れが毛穴に詰まってしまいやすくなります。

皮脂汚れが詰まって肌トラブルを起こしてしまうのも、脇にとって悪影響。それだけ脇の部分は肌がデリケートという事ですね。

着用する下着の素材が黒ずみに関係している

締め付けの強い衣類や下着が脇の黒ずみの原因になるのですが、実は着用している下着の素材にも気をつけたい所。

ナイロンなどの化学繊維で出来ている下着は、摩擦によって肌にかかる負担がかなり大きくなります。

常に着用するものですから、シルクやコットンなどの下着で通気性の良い物を選ぶようにしましょう。

汗をかいてしまっても汗を吸収してくれて、通気性が良ければ吸収した汗も早く乾きますから蒸れも起きず、脇の黒ずみを防ぐにはもってこいです。

その他、よく運動する方には運動した時の汗を素早く吸収して素早く乾くハイテク素材の下着や衣類もあります。

汗をたくさんかいても気にせずに運動出来ますし、こういったハイテク素材の衣類は脇の黒ずみを防げますから、黒ずみを防ぎたい方には丁度良いですね。

サイズを測る重要性

常に身に付ける下着ですが、きちんと自分でサイズを把握しているつもりで新しく購入しても、体系は常に一定という訳ではありませんよね。

体系の変化を考えずに、サイズをきちんと測定していないままだと、自ずとサイズがキツかったり緩い物を購入してしまうと思います。

下着はしっかり体にフィットしている方が、着心地も良く快適に過ごせます。

下着は緩すぎても締め付け過ぎても体には良くありません。

それに締め付けによる皮膚への摩擦が掛かりづらくなるので、脇の黒ずみを作ってしまうメラニン色素の生成を防ぎます。

女性は特に妊娠や出産によって体系が大きく変化しやすいもの。

サイズは下着を購入する際に計測してもらって自分の体系に合ったものを購入して着用するように見直しましょう。

脇が黒ずむ原因は色素沈着にあった!

「私だけなの?」と悩んでいる方、実は違うんです。脇の黒ずみに悩まれている方は意外に大勢いらっしゃるんですよ。

しかしながら、割とデリケートな部分の問題なので友人や家族に相談出来るような事ではないので、「私だけ」と思う方もたくさん居ます。

そんな脇に出来る黒ずみの原因をあなたはご存知ですか?

脇の黒ずみが出来てしまう原因

元々、脇の毛が生えたままになっていては見苦しい、恥ずかしいという思いから行うムダ毛処理。

ですが、薄々気が付いている方も居るかもしれませんが繰り返していく内に黒ずみが濃くなっていたりしませんか?

そう。実は脇に黒ずみが出来てしまう原因は様々あるのですが、一番多いのが「ムダ毛処理」にあるんです。

脇のムダ毛は恥ずかしいという意識の強い女性は、少しでも剃り残しがあったりすると不愉快に感じてしまいます。

そこで念入りにムダ毛処理を行うと思うのですが、実はあまり刺激を与えてしまうと外部刺激から肌を守ろうとメラノサイトが働き、メラニン色素が生成されます。

このメラニン色素が肌に色素沈着してしまう事で、気になる脇の黒ずみを作り出してしまうのです。

本来メラノサイトは、紫外線に肌がさらされた時日焼けという方法によって肌を守る為に働く細胞機能です。

しかし、物理的な刺激にも反応してしまう為、ムダ毛処理による刺激でメラニン色素が生成され色素沈着を起こしてしまい、黒ずみになるという訳です。

脇の黒ずみを改善するには

色素沈着が原因となる脇の黒ずみ。原因である刺激を取り除かなければいけませんが、だからと言ってムダ毛処理を完全に止める事は出来ませんよね。

では、具体的に脇の黒ずみを改善したい場合にはどうしたら良いのでしょうか。

通常健康な状態のお肌は、約28日周期で新しい皮膚に生まれ変わるようになっています。

新しい皮膚に生まれ変わる際に、古くなった皮膚は角質として肌から剥がれ落ちるのが健康な状態です。

しかし、なかなか脇の黒ずみが改善しないのはお肌が新しい皮膚に生まれ変わるサイクルが乱れてしまっているからかもしれません。

ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、古い角質はどんどん肌に蓄積される一方。

新しい皮膚も生まれ変わる事ができない為、黒ずみも改善されないまま…という悪循環になります。

脇の黒ずみを改善するなら、ターンオーバーのサイクルに乱れが起きないよう
に規則正しい生活を送りながら、肌の細胞を再生する力を促してくれる食品を摂取するのが最適です。

ターンオーバーを促す為の栄養素とは

お肌が新しい皮膚に生まれ変わり、古い皮膚を角質として排出する為には代謝活動が必要不可欠になります。

この代謝活動を助けてくれる栄養素として摂取したいのが、

①ビタミンE

ビタミンEには新陳代謝を高める効果があり、血行改善の効果もありますからターンオーバーを促す為には欠かせない栄養素です。

②ビタミンC

お肌の健康には欠かせないビタミンCですが、それ以外にもタンパク質と一緒に摂取する事でコラーゲンを生成する量が増えると言われている美肌には欠かせない栄養素です。

③コラーゲン

やはり美肌を支えるのはコラーゲンですね。黒ずみを改善に導き、肌の状態を良くしてくれますから積極的に摂取したい栄養素の一つです。

このようにターンオーバーを促す栄養素は色々あります。

色素沈着を避ける為には極力刺激を与えない方が良いですが、いずれにしても衣類の摩擦でも刺激は加わってしまうので、改善に導く為にはターンオーバーのサイクルを正常化するのが一番良い方法でしょう。

脇の黒ずみは間違ったムダ毛処理が主な原因ですから、永久脱毛が出来れば一番良いですが出来ない場合には、無理なムダ毛処理をしないように心がけましょう。

色素沈着を起こさないように、ムダ毛処理をした後も保湿ケアをして肌の状態を整えてあげられればなお良いですね。